高脂血症(脂質異常症)とは?

聞いたことありませんか?
善玉コレステロールと悪玉コレステロール

高血圧の大きな原因の一つが動脈硬化です。動脈硬化とは、加齢や食生活が原因で動脈が硬くもろくなってしまったり、壁にコレステロールなどが沈着して壁の一部が厚くなります。それによって血管が狭くなり血液の流れを悪くしてしまう状態を言います。このようになってしまう原因となるのが脂質異常症(高脂血症)です。

血液に含まれている主な脂肪は中性脂肪とコレステロールです。中性脂肪は末梢組織でエネルギー源へとなり、コレステロールは細胞膜やステロイドホルモンの原料として使われるので、どちらも生きていく中では人間に必要な脂肪です。

血液に含まれている脂肪はそのままでは血液にとけないため、”リポタンパク質”と結合し血中にとけこみます。この時働いてくれる”リポタンパク質”が、LDLとHDLですが、働く内容が全く違います。

LDLは、コレステロールを肝臓から全身の細胞に運んでいます。しかし、あまったコレステロールは動脈の内壁に沈着しやすく、増加しすぎると血管が溜まり、動脈硬化の原因となってしまいます。その為LDLコレステロールを悪玉コレステロールと言っています。

逆に、HDLは、動脈の内壁に沈着し動脈硬化を引き起こすコレステロールを回収して肝臓まで運ぶ働きをしています。その為HDLコレステロールを善玉コレステロールと言います。血液中に、中性脂肪とコレステロールが異常に多くなった状態を脂質異常症(高脂血症)と言います。脂質異常症が進むと動脈の内壁に脂肪が付きやすくなるため動脈硬化を予防しなくてはなりません。

高脂血症(脂質異常症)の対策方法

対策としては、動脈硬化を起こしやすい要因があるLDLコレステロールを増やさない事が大切です。それには、1日の目安の脂質は総カロリーの20~25%にし、コレステロールが多い食品を摂り過ぎないようにし、動物性脂肪に偏った食事をしないでバランス良い食事をするように心がけましょう。また、適度な運動をすることも大切です。

【コレステロールが多い食品】

卵、魚卵、牛肉、豚肉、鶏肉などレバーなどの内臓。いか、タコ、エビ、たたみいわし、フォアグラ、煮干など、肝や内臓ごと食べる魚等には多く含まれますので食べ過ぎに注意しましょう。

脂質は、体に必要な栄養素ですが、量や種類に気をつけましょう。動物性脂肪に偏らないよう、植物性脂肪、魚油、大豆、紅花油、オリーブ油などいろいろな脂質を適量摂取すると良いそうです。和食は、比較的脂肪の少ないメニューが多いのおすすめです。しかし、和食にも注意点があります塩分です。みそ汁や漬け物など和食には塩分が多く含まれるので減塩を心がけてください。

低脂肪の素材を使った魚や豆腐がメインのものをメニューに取り入れるといいようです。肉を食べるときは、高脂肪のロースやバラ肉よりも、低脂肪のヒレやもも肉を使って料理するといいようです。鶏肉は、皮をはずすとカロリーが半分に抑えられます。揚げ物や炒め物など油を多く使った料理は、揚げ物の衣はなるべく薄くつけて調理したりするのも良いです。

また、まぐろ、さんま、いわしなどの青魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)や、DHA(ドコサヘキサエン酸)の不飽和脂肪酸が多く含まれており、動脈硬化などを防ぐ効果があります。青魚を1日1回は食べるようにするといいですね。




スポンサーリンク

最新クチコミ情報

白米から大麦に主食を変えたら血糖値が下がった!

高血圧に加えて血糖値まで高くなってきて、糖尿病の薬を処方されるようになってしまいました。医師からは、糖質を多く含む炭水化物の量を減らすこと。そして、咀嚼の回数を増やしてゆっくり食べることの2つを徹底するように言われました。これは、糖の吸収を緩やかにして、急激な血糖値の上昇を防ぐのが目的です。

この方法を2か月間やった上で、再検査をして、それでも血糖値が高い時は、糖尿病の治療を行う予定です。すると妻が心配して主食で食べていた白米を大麦に変えてくれました。白米は消化吸収が早いのですが、大麦は消化吸収が遅く血糖値の上昇が緩やかになるそうです。おかげで血液検査では、血糖値が正常範囲に収まりました。妻に感謝です。(沖縄県55歳の男性)