塩分が血圧を上げるメカニズムとは

高血圧になる大きな原因のひとつは生活習慣ですが

その中でも食生活は血圧に大きく影響します。

とくに塩分の取り過ぎは高血圧の原因として挙げられます。

塩分は人間の体に必要不可欠ですが多く摂り過ぎてしまうと

血液中のナトリウム濃度が上昇し細胞の活動が低下します。

このため水分でナトリウムを薄めようとする

作用が働き腎臓で水分の排出を減らします。

その結果、血液量が増加し血圧が上昇するのです。

食塩のナトリウムは、血管を収縮させる働きをする

交感神経を緊張させてしまいます。




スポンサーリンク


必要以上のナトリウムを摂取すれば血管を

縮める働きが活発になり血圧が上昇します。

その状態が続くと血管に余計なストレスが

かかり続け高血圧を悪化させてしまうのです。

また、血圧が高い人の血管というのはとても傷がつきやすく

ナトリウムも入り込みやすくなっています。

摂り過ぎしまったナトリウムは、

血管の壁の細胞の中に入り込んでしまいます。

入り込んだナトリウムは、さらに血管を狭くしてしまうようです。

血管の壁は筋肉で出来ています。

ナトリウムには、この筋肉を収縮させる働きがあるのです。

例えば、焼き魚の身は塩を振ってから焼くとしまります。

これはその原理によるものでナトリウムが血管に侵入すると

筋肉でできた血管は収縮し 血圧を上昇させてしまうようです。

塩分を摂りすぎたときの対策は、カリウムの豊富な食物を

意識して食べるようにしましょう。




スポンサーリンク


カリウムは、ナトリウムと同じ種類の成分であり、

体の働きを維持する上で重要な成分です。

ナトリウムと一緒に働き細胞の内側と外側の体液の

バランスをとりさまざまな成分を調整する働きがあります。

そのためカリウムを摂取すると

体内からナトリウムの排泄が促進されます。

野菜や果物にはカリウムが豊富に含まれています。

積極的に摂るようにしましょう。

1日の塩分摂取量は6g以内

血圧を上げないようにするには塩分を控えることですが

近年の日本人の1日の平均摂取量は11-13gと言われています。

他国のヨーロッパが5-6g、

多いといわれるアメリカでも8-10g

であるのに対し日本人はかなり多く摂取していることがわかります。

salt

日本では、血圧が正常の人でも10g以下に塩分摂取量を抑えることを勧めています。

しかし、高血圧の方にはもっと厳しくなり日本高血圧学会の

高血圧治療ガイドライン2009年版では1日6g未満が目標とあります。

これまでの日本人の1日の平均塩分摂取量の半分にする必要があるようです。

他の国に比べて日本の塩分摂取量が増えている原因は

日本の気温と体質が関係しているようです。

尿の排出の回数や汗の量が多いことから塩分を多く摂取しているようです。

本来人間は、尿や汗によって余分なナトリウムを

体外に出し調節する仕組になっています。

昔の人は肉体労働が多く、汗をかいてちょうど良いカラダの塩分濃度になっていました。

しかし現代では、肉体労働でそれほどの汗をかく機会も少なくなり

さらに、仕事先や家でもエアコンが完備されており汗をかく事が減っています。

そのため、汗による塩分調節は出来なくなり

うまく排出されることなく過剰となり

高血圧の原因となっているようです。

この影響で遺伝とは関係なく家族内で高血圧になる

と言うケースも増えてきているようです。

ご家庭の毎日の食事は意識して薄味に心がけることが大切になります。




スポンサーリンク

最新クチコミ情報

白米から大麦に主食を変えたら血糖値が下がった!

高血圧に加えて血糖値まで高くなってきて、糖尿病の薬を処方されるようになってしまいました。医師からは、糖質を多く含む炭水化物の量を減らすこと。そして、咀嚼の回数を増やしてゆっくり食べることの2つを徹底するように言われました。これは、糖の吸収を緩やかにして、急激な血糖値の上昇を防ぐのが目的です。

この方法を2か月間やった上で、再検査をして、それでも血糖値が高い時は、糖尿病の治療を行う予定です。すると妻が心配して主食で食べていた白米を大麦に変えてくれました。白米は消化吸収が早いのですが、大麦は消化吸収が遅く血糖値の上昇が緩やかになるそうです。おかげで血液検査では、血糖値が正常範囲に収まりました。妻に感謝です。(沖縄県55歳の男性)