高血圧に適した入浴方法とは

入浴には血管拡張作用があり血圧を下げる効果があるので

入浴は良い事ですが、高血圧の場合は入浴方法に工夫が必要です。

間違ってしまうと、心筋梗塞などの危険を伴うので 注意しなくてはなりません。

特に温度変化がおこる脱衣には危険が潜んでいます。

脱衣所や浴室などが寒いと血管が収縮し血圧が上昇してしまいます。

夏などはそれほど心配はありませんが冬場は室内は暖かくなっています。

脱衣所や浴室に行くと急激に寒く温度差を感じます。

その温度変化に気をつければ入浴に伴う危険性はかなり軽減されます。

まずは脱衣所や浴室を温めておくことがとても大切です。

少しでも寒さを感じはじめたらファンヒーターや浴室暖房乾燥機など準備し

温度差が激しい日には温度を調整するために利用し身体への負担を軽減しましょう。

湯船のお湯の温度は、42度以下のお湯を用意しましょう。

42度以上の熱めのお湯いきなり浸かってしまうと交感神経を刺激し

心臓などに負担がかり血圧が一気に上昇してしまうので

気を付けなくてはなりません。

お湯の温度はぬるいと感じる40度が適温です。

ぬるめのお湯ですと、血圧の急激な変化を避ける事が出来ます。

しかし、もう一点注意があります。

血圧が高めの方は、ぬるめのお湯だからと長時間入るの避けましょう。

長時間の入浴は血圧を下げすぎてしまい、浴槽から立ち上がる時に

めまいなどを起こす危険があるようです。

入浴は長くても5分を目安にしましょう。

快適な睡眠をとるにための入浴方法

身浴は、浴槽の中に台などを置き、そこに座り、浴槽の外に両腕を出して

浴槽の縁を持つなどして身体を支えておくと安心して入浴することができます。

のぼせを防ぐためには冷たいタオルを頭や首の後ろにのせたりするのも効果的です。

furo150-1

・脱衣所、浴室を浴室暖房などで寒さを感じない温度にする。
・浴室暖房がない場合は浴槽のフタを開けたり、熱いお湯をシャワーで放出しておくなどして浴室の温度を上げておきます。
・最初は40度前後のシャワーを足元から順に上に向かってゆっくりとかける。
・湯船のお湯の温度は40度くらいにする。お湯に浸かる時は水圧が心臓に負担をかけてしまうので半身浴にする。

お風呂を上がったら、身体が冷えないようになるべく早く服などを着て

コップ1杯のお水をとり、ゆっくり身体を休めましょう。

注意していただきたいのが入浴は食事の前に済ませましょう。

食後だと、血液が消化器に集中しやすく脳や心臓などに流れる血液が減少。

このような時に入浴してしまうと血圧が急上昇してしまい危険が伴います。

ですので、高血圧の方は食前に入浴する習慣をつけましょう。

入浴はストレス発散にも効果的ですが、

血圧が高い方の入浴はせ 一歩間違ってしまうと危険を伴います。

安全な入浴方法をきちんと知ることはとても大切なことです。




スポンサーリンク