血圧は温度の変化に影響を受けやすい!

血圧は、温度の変化によって上がったり下がったりしてしまうので

出来るだけ温度差をなくすようにしないと高血圧を進行させてしまいます。

冬場のように気温が下がり寒くなると血管が収縮してしまうので

交感神経が刺激されて血圧は上がってしまいます。

では、夏場は血圧が安定しているかというと、実はそうとも言えません。

昔と比べて現在は冷暖房が普及していることから

夏場でも温度差が大きくなりがちなんですね。

真夏の日に冷房を低く設定してしまうと急激に温度が

下がってしまうので血圧が上がってしまいます。

日常生活の中で気を付ける温度の変化は冬場の入浴時に

暖まった部屋から風呂場に移動した時、洗面所、トイレ、外出から

帰ってきた時など日頃から温度の変化には注意が必要です。

対策としては、お風呂場の脱衣場やトイレにも暖房器具を設置したり

外出時には防寒対策をするなど、出来るだけ温度差をなくすようにした方が良いでしょう。

特に高血圧の人は入浴する際には十分に気を付けるべきです。

暖かい部屋から寒い脱衣場に来ただけでも温度の変化で血管が収縮して

しまうのに服を脱いで風呂場に入るとさらに血圧が上がります。

そして、湯に浸かると血管が開いて血液が一気に血液が流れるので

血管が破裂する場合もあるんですね。かと言って湯に浸かり続けると

開きっぱなしになり血圧が下がり、逆に危険な状態で倒れることもよくあります。

対策としては、湯の温度を40度くらいに設定してあまり長時間

浸からないようにしてください。あまり熱い湯に浸かったり長時間浸かっていると

大量の汗をかいて血液がドロドロになり、血圧を上げかねません。

高血圧の人は、ちょっとした温度差でも体に悪影響が出る恐れがあるので

室温を出来るだけ一定に保つように心がけましょう。




スポンサーリンク