禁煙で血圧を下げる方法とは?

がんの発症原因でもあるたばこが、体に悪いことは誰でも知っていますが

喫煙することで血圧が上昇させてしまうことを知っていましたか?

たばこの中には、ニコチンという有害物質が含まれていてニコチンが

体内に入ると交感神経を刺激して興奮作用のあるホルモンが分泌したり

副腎髄質を刺激してアドレナリンなどが分泌されて血圧が上昇してしまいます。

他にも、たばこの中には一酸化炭素という有害物質も含まれていますが、

物が燃焼した時酸素が足りなくなり不完全燃焼で発生する一酸化炭素は、

血液中の酸素を運ぶ役割があるヘモグロビンという物質と結合して

ヘモグロビンの酸素を運ぶ働きの邪魔をしてしまいます。

よく禁煙者がすぐに息切れしてしまうことがありますが

この一酸化炭素の影響もあると思います。

そして酸素不足になった心臓は心拍数が上昇してしまい血圧も上昇させてしまいます

その結果、高血圧だけでなく動脈硬化や心筋梗塞などを進行させる危険があります。

このように高血圧などの症状を悪化させないためには禁煙をした方が良いでしょう。

禁煙と言っても、なかなか自分一人ではうまくいかないですよね。

自己流でやらないで禁煙専門の医者に指導してもらった方が失敗せずに

続くと思いますので一度病院へ行って相談してみてくださいね。

禁煙の注意点

実際に高血圧になると分るのですが禁煙をすると5~10mmhgほど血圧が下がると言われています

つまり高血圧治療には禁煙は必須なのですがタバコをやめただけでは高血圧の根本的治療は出来ません。

高血圧を根本的に改善し血圧を正常値に戻すためには正常な体質に戻すことが重要です。