サラサラ成分のナットウキナーゼとは?

日本の文化が生み出した発酵食品【納豆】のネバネバに含まれる成分がナットウキナーゼです。

ナットウキナーゼは、血栓を溶かす作用が認められ世界中で注目を浴び、研究が進められています。

血栓とは血管内の傷口を修復するために集まった血小板の塊です。

血小板が血液に混じって流れると動脈硬化で細くなった血管に詰まってしまいます。

natou300

この血栓を溶解するのがナットウキナーゼです。

また血栓を溶かすだけでなく、血液をサラサラにする作用もあるので

血圧を下げたり血液中のコレステロールや中性脂肪を下げる作用も確認されています。

このようにナットウキナーゼには、血栓溶解と血液サラサラ作用があります。

ナットウキナーゼはサプリで摂るのが理想的♪

高血圧の人が、納豆をたくさん食べてナットウキナーゼを

摂取しようとすると醤油やだし汁の塩分を摂り過ぎてしまいます。

また納豆には血液を固める作用があるビタミンK2も一緒に摂取してしまうため、

サプリメントを活用してナットウキナーゼだけを摂取するような工夫が大切です。

ナットウキナーゼを多く含むサプリメントとは?

ナットウキナーゼを配合したサプリメンとは沢山ありますが、

ナットウキナーゼを多く含むサプリメントの代表は納豆博士です。

nat-02

納豆博士は、ナットウキナーゼを摂取したい方にお勧め出来るサプリです。

ナットウキナーゼは、酸と熱に弱いため胃酸によって60%以上が死滅してしまいます。

そのため1日必要な2000FUを摂るためには5パック分の納豆を食べる必要がありますが

「納豆博士」なら1日3粒で2000FUのナットウキナーゼを効率よく摂取できます。

また納豆に含まれる血液を固める作用があるビタミンK2や痛風の原因となるプリン体を

除去してあるので安心して飲めるのも「納豆博士」のメリットです。

ナットキナーゼが体に良いからといって納豆を食べ過ぎると

ビタミンK2やプリン体を過剰摂取してしまうので「納豆博士」が役に立ちます。

その他にも納豆特有のニオイやネバネバは全くありませんし

遺伝子組み換え大豆を一切使っていません。

またJHFAマーク表示許可製品として認定されています。

納豆に含まれる酵素ナットウキナーゼを上手く活用して健康を手に入れましょう。




スポンサーリンク

最新クチコミ情報

白米から大麦に主食を変えたら血糖値が下がった!

高血圧に加えて血糖値まで高くなってきて、糖尿病の薬を処方されるようになってしまいました。医師からは、糖質を多く含む炭水化物の量を減らすこと。そして、咀嚼の回数を増やしてゆっくり食べることの2つを徹底するように言われました。これは、糖の吸収を緩やかにして、急激な血糖値の上昇を防ぐのが目的です。

この方法を2か月間やった上で、再検査をして、それでも血糖値が高い時は、糖尿病の治療を行う予定です。すると妻が心配して主食で食べていた白米を大麦に変えてくれました。白米は消化吸収が早いのですが、大麦は消化吸収が遅く血糖値の上昇が緩やかになるそうです。おかげで血液検査では、血糖値が正常範囲に収まりました。妻に感謝です。(沖縄県55歳の男性)