血圧が高くなるのは体内で血流が悪くなる異常事態が発生しているからです。

高血圧患者は、血管が硬くなったり細くなって血液の流れを悪くしています。

そして血液も粘り気をおびてドロドロな状態になって、さらに血流を悪くしています。

この特集ページでは、どうして血液がドロドロになってしまうのか?

そして、血液をサラサラにするにはどうしたら良いのか?具体的な方法についてまとめました。

サラサラ血液に改善して血流を良くすれば血圧を下げることが出来ます。

ぜひ参考にして実生活に取り入れ試してみてください。




スポンサーリンク

血液中の脂質が増える!

油っこい食事やこってりした食事を食べ過ぎることが原因で

血液中の脂質が増えドロドロ血液になります。

コレステロールや中性脂肪などの脂質は、血液の約6割を

しめる血しょうという液体成分の中に溶けています。

通常、サラサラである血液も脂質が増えると血しょうの濃度が

高まるのでドロドロ血液になってしまいます。

血液中の糖分が増える!

わたし達が主食としている米やパンや麺類など炭水化物は、

体内でブドウ糖に分解され、その後インスリンというホルモンによって

エネルギーに変換されます。

炭水化物は重要なエネルギー源なのですが、取り過ぎてしまうと

インスリンの働きが悪くなり変換されなかったブドウ糖が血液中に残ってしまいます。

血液中に糖分が増えると赤血球の柔軟性がなくなったり赤血球どうしが

集まってくっつくのでドロドロ血液になってしまいます。

血液中の水分が不足する!

血液の6割は、血しょうという液体成分で、その90%が水分です。

残りの4割が、赤血球・白血球・血小板で構成されています。

血液中の水分が不足すると血しょうの割合が減少します。

つまり6対4でサラサラ状態だった割合が、水分の減少が原因で

5対5とか4対6になるために血球の割合が高まります。

その結果、血液に粘り気がでてドロドロ血液になってしまいます。

生活習慣の中にも原因がある!

この他にもドロドロ血液の原因が生活習慣の中にあります。

喫煙もその一つで、中性脂肪を増やす原因です。

さらに喫煙は血管を収縮させ血流を悪くします。

ストレスも赤血球を増やし柔軟性を失います。

さらに血小板が集まって血液が固まりやすくなります。

また運動は新陳代謝を高めるので血中脂肪や中性脂肪やコレステロールの燃焼に役立っています。

逆に運動不足では代謝が低下するために血液中の脂肪を

うまく燃焼できないためドロドロ血液の原因となっています。




スポンサーリンク

まとめ!

以上のようにドロドロ血液になる原因は、食事と運動がほとんどを占めています。

つまり体に悪い生活習慣を長期間に渡って積み重ねた結果としてドロドロ血液となり、

それが動脈硬化を引き起こし、やがて高血圧の原因となっているわけです。

高血圧治療中の患者さんは、血液をサラサラにする薬を飲んでいる方も多い筈ですが、

高血圧を本気で治療したいなら、薬に頼って血液をサラサラにしても意味がありません。

薬を飲まなくてもサラサラ血液の健康体を維持することが大切です。




スポンサーリンク


最新クチコミ情報

白米から大麦に主食を変えたら血糖値が下がった!

高血圧に加えて血糖値まで高くなってきて、糖尿病の薬を処方されるようになってしまいました。医師からは、糖質を多く含む炭水化物の量を減らすこと。そして、咀嚼の回数を増やしてゆっくり食べることの2つを徹底するように言われました。これは、糖の吸収を緩やかにして、急激な血糖値の上昇を防ぐのが目的です。

この方法を2か月間やった上で、再検査をして、それでも血糖値が高い時は、糖尿病の治療を行う予定です。すると妻が心配して主食で食べていた白米を大麦に変えてくれました。白米は消化吸収が早いのですが、大麦は消化吸収が遅く血糖値の上昇が緩やかになるそうです。おかげで血液検査では、血糖値が正常範囲に収まりました。妻に感謝です。(沖縄県55歳の男性)