塩を減らさないメリハリ減塩法と塩を使わない『ゼロ塩レシピ』を紹介。高血圧の日ごろの対策と言うと減塩。毎日の食事の時、塩やしょう油などなるべく摂らないように気をつけていると言う人も多いのではないでしょうか?塩分の摂り過ぎは、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中など命に関わる病気を発症してしまう原因になってしまうのです。

日本ではどの位の塩分を摂取しているんでしょう?

ところで、現在日本人が摂っている塩分量の平均をご存知ですか?その量は、男性が11,1g、女性が9,4g これが平均塩分摂取量なんだそうです。そこで、厚生労働省は生活習慣病予防のために男性が8g、女性が7gに減らすことを推奨しています。

さらに、高血圧学会ではもっと厳しく、高血圧の患者さんは男女問わず6gを推奨しているのです。6gが、どの位の量かと言うと小さじ1杯になります。たった小さじ一杯の量なので、外食が多いと一食で超えてしまう塩分量なのです。

ですから、一言で減塩と言ってもこれがなかなか大変なことです。特に、食べる事が好きな人や濃い味で慣れて人には辛い筈です。長年しみついた味の好みはそう簡単のは変わりません。結局、高血圧になっても自覚症状がないから美味しさに負けてしまい、いつもと同じ塩分の量で食べてしまうのです。

そんな方にも必見の減塩方法をためしてガッテンで紹介されていましたのでご紹介したいと思います。なんと!「塩を減らさない!」減塩法なのです。濃い味が好きだった方が、7日間病院食を食べることで薄味が好きになったという驚きの方法なんですが、さらに驚くのが、減塩食でも塩を減らす必要がないというのです。




スポンサーリンク

塩を減らさない減塩法とは?

この方法は、近江八幡血市立総合医療センターで実際に600人以上が減塩に成功した方法です。この病院の腎臓センター顧問 八田 告先生の話では「減塩をすると患者さんが美味しくなくてガッカリしてしまう。そうなると減塩食は続かない。まずは味のついた食べ物を食べて満足することが大事」だというのです。

そこで考案されたのが、題して『塩分メリハリ作戦』です。この病院では、主に腎臓病の患者さんに1週間入院してもらい病院で用意した食事を7日間食べてもらいます。その多くの患者さんが、今まで味見もしないでおかずにしょう油をかけて食べる濃い味が好きな方。中には1日に14gの塩分を摂取していた濃い味が好きな患者さんもいます。

実際に体験した患者さんに話を伺うと「入院する前は、薄味を覚悟していたが、結構味が付いていてこれなら毎日食べれる」と、その他の患者さんも十分味に満足している様子。その秘密の方法とは『好きな食べ物一品は塩分を減らさない!』そして、その他は塩分を抑えて、トータルで塩分を減らす方法です。

実は、好きな食べ物の塩分を減らしてはいけない理由は、脳科学でも説明できるんだそうです。私たちが食べた物を美味しいか、美味しくないか決めているところが味覚野。味覚野は脳内で、聴覚、嗅覚、触覚、視覚、言語、情動、記憶、味など様々な情報とつながっています。

そのため、大好きな食べ物が塩分が少ななると、記憶していた味と違うので美味しくないと判断してしまい、逆に大好きな食べ物が前と同じ味なら美味しいと感じるんだそうです。つまり味覚野が満足できると美味しいと思えると言うことなのです。この方法は、大好きな主采は、塩分を減らさないが、その他の副菜は塩分をつけない、塩分にメリハリをつけるのです。メリットは、全部我慢して薄味にしなくても1品に集中して味をつけることで満足することができることなのです。

そして、さらに1週間この方法を実践すると味に敏感になるというのです。これは、塩の摂取量が少なくなると、脳が塩に注意を向けるようになり塩を探すようになる。その結果、少量の塩分濃度でも味を感じることができるようになると考えられています。

そこで、メリハリ作戦で重要なポイントが、1日摂取した塩分を知ることです。番組では、書記品の表示を見て塩分を計算するのは難しいので、簡単に塩分量を測定できる『減塩モニター』と言う計測器を紹介していました。この計測器は2万~3万するそうですが、命には代えられません。ずっと使えるものなので利用してみましょう。

また、言葉を利用してラベリング効果と言う方法も紹介していました。これは、減塩した料理に一言「出汁をきかせたよ」とか工夫した一言を添える。すると味覚野が満足するんだそうです。しかし、注意点が「減塩したよ」とは絶対に言わないことです。これを言ってしまうと、味覚野がガッカリしてしまいます。

塩を使わない料理『ゼロ塩レシピ』

この料理はためしてガッテンを参考に塩を使わない料理を研究している管理栄養士 金丸絵里加さんが考案した料理です。

まず、最初に減塩に適している調理方法と、適していない調理方法を知りましょう。

減塩向き・・・焼き物、炒めもの、あえ物、揚げ物、酢の物

減塩不向き・・・ゆで物、煮物、汁物

減塩が不向きなものは水分を使う調理法でこの場合は塩分を使って調理して、減塩に向いてる調理法で減塩しましょう。

また、減塩の時に利用できる調味料が、みりん、かつお節、ごま、酢、レモン、さんしょう、マスタードなどです。

【青菜とおかかのさんしょう油いため(2人前)】

最初にさんしょう油をつくります。サラダ油 2分の1カップに、さんしょうの実 10gを入れてさんしょうの実が茶色になったらすくい取ります。残った分は保存しておきましょう。

小松菜    一束(180g)
さんしょう油 大さじ1 無い場合はゴマ油でもOK
酒      小さじ1
かつお節   2パック(6g)

さんしょう油で小松菜を炒め、酒を入れる。
小松菜がしんなりしたらかつお節を入れサット炒めて火を止める。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【キャベツと三つ葉の粒マスタード和え(2人前)】

キャベツ   2~3枚 (120g)
三つ葉、   1束
水      大さじ2
粒マスタード 小さじ1~2
レモン汁   小さじ1
砂糖     小さじ1

フライパンにキャベツと水大さじ2を入れて強火で2分間蒸す。
そこに、三つ葉を入れて30秒加熱。
ザルに入れ水分とあら熱をとる。
粒マスタードとレモンと砂糖を入れて混ぜる。
先ほどの野菜とあえて完成。

ーーーーーーーーーーーーーーー

【鶏肉のごま焼き(2人前)】

鶏肉のもも   1枚(200g)
みりん     大さじ1
おろししょうが 小さじ2
酢       小さじ1
いりごま    大さじ4
こま油     大さじ2分の1
レモン     適量

鶏肉、みりん、しょうが、酢をもみ混ぜ30分~1時間漬ける。
パン粉の代わりに衣にゴマを鶏肉に付ける。
ごま油はこげやすいので弱火で鶏肉を両面蒸し焼きにする。
完成したらレモンを添えて完成。

以上です。簡単にできますのでぜひ試してみてください。

最新クチコミ情報

白米から大麦に主食を変えたら血糖値が下がった!

高血圧に加えて血糖値まで高くなってきて、糖尿病の薬を処方されるようになってしまいました。医師からは、糖質を多く含む炭水化物の量を減らすこと。そして、咀嚼の回数を増やしてゆっくり食べることの2つを徹底するように言われました。これは、糖の吸収を緩やかにして、急激な血糖値の上昇を防ぐのが目的です。

この方法を2か月間やった上で、再検査をして、それでも血糖値が高い時は、糖尿病の治療を行う予定です。すると妻が心配して主食で食べていた白米を大麦に変えてくれました。白米は消化吸収が早いのですが、大麦は消化吸収が遅く血糖値の上昇が緩やかになるそうです。おかげで血液検査では、血糖値が正常範囲に収まりました。妻に感謝です。(沖縄県55歳の男性)