高血圧対策として生活習慣の改善が良いとされていますが、食事内容を変えるだけでなく運動をすることも重要です。ただし症状が重い場合は、あまり激しい運動はかえって良くありません。

激しい運動は急激に血圧を上昇させ、心筋梗塞や脳梗塞など高血圧の合併症を起こす危険があるからです。症状が軽い段階の場合、日常生活に適度な運動を取り入れることによって心肺機能が高まることで体内の血液の流れが良くなるだけでなく、継続して行うことによって血圧を下げることがわかっています。

適度な運動とは、どのような運動をすれば良いかというと有酸素運動です。

有酸素運動とは酸素を多く取り込むことが出来る運動のことでウォーキングや水泳などがあります。最近では、ダイエットや健康維持のためにウォーキングをする人が増えていますよね。ウォーキングなら体に負担が少ないので高齢者の方も無理なく続けることが出来ます。高血圧対策としてはとても有効な運動と言えます。

また酸素は脂肪の燃焼に必要なので、酸素をたくさん取り込める有酸素運動は体内の脂肪を燃焼してくれるので肥満になりにくく血圧の上昇も抑えられます。逆に無酸素運動は瞬間的に息を止めて圧力が掛かるので血液が圧縮してしまい血圧を上昇させやすいので高血圧の人は避けるべきです。

運動の効果は、20~30分続けないと脂肪が燃焼しないと思われがちですが、実は、時間をおいて何回かに分けて運動しても効果は同じなので、30分続けて運動するのがキツイなら、10分を1日の中で時間をおいて3回に分けて運動しましょう。




スポンサーリンク


有酸素運動の注意点

適度な運動が血圧を下げることに繋がるのは間違いありませんが、実際問題としては・・・どんなに運動をしても、スムーズ血圧が下がることはほとんどありません。それは長い年月をかけて血圧が上がってしまう体質になっていることが原因だからです。

有酸素運動が効果的に働くには、もう一つ大切なことがあります。それは関節や筋肉の柔軟性です。筋肉や関節が硬くなると血管を圧迫するので血流が悪くなり血圧を上昇させているケースが多いからです。つまり高血圧専用ストレッチなどで血流を悪くしている箇所の柔軟性を高めれば驚くほど早く効果を実感することができるのです。

血圧を下げる最強の有酸素運動

有酸素運動は血圧を下げるという話は良く聞きますが、ウォーキングやジョギングで本当に血圧が下がったというデータは見たことがありません。その点、しっかりとデータでも検証されている有酸素運動といえば「インターバル速歩」ではないでしょうか?

このインターバル速歩は、長野県民の健康のために能勢教授が考案した有酸素運動ですが、NHKのためしてガッテンで紹介されたり、多くの書籍が出版されるなど、有名になりました。

インターバル速歩の効果は、血圧を下げる効果・血糖値を下げる効果・筋肉量を増やす効果・体重を減らす効果・ミトコンドリアを増やす効果・疲れにくい体質へ改善するなど、データを基に検証されています。

逆に40分のウォーキングやジョギングなどの有酸素運動では、データを見ても、これらの効果は確認されていないそうです。つまり血圧に効果的で最強の有酸素運動は「インターバル速歩」ではないでしょうか?