動脈の血管に平滑筋と言う筋肉があります。その平滑筋にカルシウムイオンが流れ込むと筋肉が収縮し血管が細くなり血圧が上昇してしまいます。カルシウム拮抗薬は、そのカルシウムイオンの通り道をふさぐ働きをすることで血管を拡張させ血圧を下げる働きをします。

カルシウム拮抗薬を服用することで血管を拡張し血圧を下げるだけではなく血流の流れも良くすることで、狭心症や心筋梗塞など脳や腎臓などの疾患の予防にもつながります。カルシウム拮抗薬は長年使われており種類もたくさんありますが降圧薬として使われているのがジヒドロピリジン系です。

また、血圧を下げる働きのほかに糖の代謝を改善したり心臓や腎臓の負担を軽くする働きなども期待されるため病状にもよりますが、心筋梗塞、心不全の治療や心肥大の抑制、腎不全の進行を遅らせたり糖尿病性腎症やメタボリックシンドロームの患者さんなどにも使われています。

カルシウム拮抗薬の副作用

ジヒドロピリジン系は降圧薬のなかで降圧の効果が最も高い薬です。動脈を拡張させるので強い降圧作用を示すようです。頭痛、動悸、頻脈、顔のほてりや足のむくみなどが起こりますが、静脈は拡張しないので立ちくらみなどは起こりにくい薬のようです。

そして、カルシウム拮抗薬を服用している時はグレープフルーツを食べたりするのはよくないようです。カルシウム拮抗薬は小腸で吸収され、肝臓で分解されますが、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンが小腸での吸収や肝臓での分解にかかわる酵素の働きを抑えてしまうようです。

カルシウム拮抗薬の注意点

グレープフルーツを摂取してからカルシウム拮抗薬を服用すると薬の効果が継続してしまい血圧低下や心拍数の増加、頭痛やめまいなどが起こりやすくなります。カルシウム拮抗薬を服用している方はグレープフルーツは一緒に摂らないようにしましょう。




スポンサーリンク


高血圧の薬の種類

カルシウム拮抗薬
カルシウム拮抗薬とは、動脈の血管にある平滑筋にカルシウムイオンが流れこまないように、通り道を塞ぐことで血管を拡張させ血圧を下げる働きをする薬です。またカルシウム拮抗薬は、血圧を下げるだけではなく血流の流れも良くすることで、狭心症や心筋梗塞などの疾患の予防にも効果があります。カルシウム拮抗薬の効果と副作用について解説します。
ACE阻害薬
ACE阻害薬とは、血圧を上昇してしまうアンジオテンシンⅡを作るACEという酵素の働きを阻止する薬です。アンジオテンシンⅡという物質は、血管を収縮させたり腎臓でのナトリウムや水分の排出を抑えて血液量を増やす作用があるため血圧を高くしてしまうのです。ACE阻害薬の効果や副作用について解説します。
ARB拮抗薬
ARB拮抗薬とは、アンジオテンシンⅡの働きを阻害し、血管を拡張させ、同時に水分や電解質を調整しながら血圧を下げる働きをします。ARB拮抗薬は高血圧の治療に単独で使われることもありますが、カルシウム拮抗薬や利尿薬と併用して使われることもあります。ARB拮抗薬の効果や副作用について解説します。
α遮断薬
α遮断薬とは、自律神経に働きかけ血圧を下げる薬です。交感神経に刺激が加わるとα受容体でその信号を受け取り、それによって心臓が活発に働き、血管が収縮して血圧が上がります。血管収縮の働きに関わるα1受容体の動きを遮断して血圧を下げるα遮断薬の効果と副作用について解説します。
β遮断薬
β遮断薬とは、交感神経の活動を抑制して血圧を低下させます。自分の意思とは関係なく心臓がドキドキしたり、動悸がしたりするときがあります。このとき交感神経の働きが活発になり血圧が上昇していますが、この交感神経の働きを抑制して血圧を下げるβ遮断薬の効果と副作用について解説します。
利尿薬
利尿薬とは、腎臓に働きかけナトリウムの排泄を促します。血中の余分な水分が減り、血液の量が減るので血圧が下がります。また、利尿薬と他の降圧薬を一緒に使うことで降圧効果が増強されるのです。利尿薬には作用する尿細管の部位により3種類に分けられ、それぞれの効果と副作用について解説します。