脳に関する高血圧の合併症は、生命の危険がともなうものばかりです。 動脈硬化が進み血圧の高い状態が続き発症するのが脳卒中で、脳卒中には、 脳出血、脳梗塞、くも膜下出血があります。それぞれの合併症について解説します。

脳出血

脳卒中には、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血などがあります。その中でも高血圧にとても関係深いのが、脳出血です。脳出血のほとんどが、高血圧により、脳内の細動脈が動脈硬化を起こし、脳内の血管が破れてしまうのです。 場所や出血量にもよりますが、ほとんどが前ぶれもなく起こるようで、急に意識を失ったり、激しい頭痛などが起こります。手足や全身のけいれんや体の半分がマヒしてしまうのが症状です。重症の場合は急に昏睡状態に陥ることがある。

出血した場所により、手術で血腫を取り除いたり、止血薬や降圧薬などで治療する場合があります。意識障害が軽い場合は命が助かる確率が高いですが、片マヒなど障害が残ることもあるようです。そのような場合はリハビリなどを行い社会復帰出来るように行うようです。 ですが、くも膜下出血と同様、死亡率が高く、半数近くが死亡するといわれており、とくに脳室に穿破する大出血や橋出血などは死亡率が高いそうです。

脳梗塞

動脈硬化が起こっている脳の血管に血栓などが詰まってしまい、血流が行きわたらなくなり、脳細胞が壊死してしまうのが脳梗塞なのです。 症状としては、片方の手足がマヒを起こしてしまったり、言葉のもつれ、物を上手く取れなくなったリがあります。このような症状は急に起こることもありますが、徐々に起こる場合があるようです。そして起こり方から3種類の脳梗塞に分けられます。

アテローム血栓性脳梗塞は、脳の太い血管に起きる梗塞で脳梗塞の大部分をしめています。 ラクナ梗塞は、脳の細い血管に起こる日本人では一番多いタイプで半数近くを占めます。小さい梗塞が多く起こると、認知症の原因になりやすいといわれています。 心原性脳塞栓症は、心臓の中に出来た血の塊(血栓)が脳動脈をふさぎ発症する脳梗塞です。心原性脳塞栓症は比較的太い血管が急に詰まり範囲が広くために重症が多いです。

そして脳梗塞と同じ発作が起こり、24時間以内に症状が治まってしまうのが、一過性脳虚血発作です。これは動脈硬化を起こし一時的に血流阻害を起こしてしまい脳梗塞の前ぶれと言われています。 脳梗塞で壊死した組織は元に戻りませんが一過性脳虚血発作で発見が出来た時は適切な治療や食事、生活を改善することで脳梗塞を予防出来るそうです。

くも膜下出血

脳をおおう髄膜は上から硬膜、くも膜、軟膜、であり、膜の間には血管が通っており、くも膜と軟膜の間をくも膜下腔といい、ここを通る血管が切れ、くも膜下腔に出血した状態をくも膜下出血といいます。 くも膜下出血が起こると激しい頭痛、特に後頭部に痛みがあり、首が硬直したり、吐き気や、嘔吐などがあるようです。出血が多いと意識がなくなる事がありますが発作が起きてから数日して意識がなくなる場合もあるようです。

手術が可能な場合再出血が起こらないように手術しますが出来ない場合は再出血することもあるようです。脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血は、睡眠中に起こることが多いようです。上記のような症状は一過性で1~2週間程度で軽快する場合が多いが、出血発作が激しい場合は、けいれん発作を起こしたり、頭痛と同時に意識を失う場合もあり、意識が回復しないまま死亡してしまうこともあるようです。

脳梗塞

多くは心臓などで出来た血液の塊が血流に流れ脳まで運ばれて脳の血管につまることを脳塞栓といいます。ときには細菌などが血流とともに脳にいき、血栓と同じように脳細動脈を塞いでしまう。血流が止まることによって脳細胞が死滅、脳神経に障害が起こる。

症状は、脳血栓とは異なり発病が急で、数秒、あるいは2,3分で神経症状が起こる。ほとんどが前ぶれなどがないようです。また、年齢に関係なく、再発作が起こりやすいようです。

後から、何時何分に始まったとわかるくらい、突然に発症します。症状は脳血栓症と同じように、体半分のマヒや感覚障害、または、失語症や半盲がみられるようです。特に失語症の頻度が高く、体のマヒがなく、失語症はまず脳塞栓であることが多いようです。

このように高血圧になると脳に関する合併症のリスクが高まります。まずは降圧剤で血圧を下げながら、血圧が正常値で生活できるような根本的な高血圧治療が必要です。




スポンサーリンク


最新クチコミ情報

白米から大麦に主食を変えたら血糖値が下がった!

高血圧に加えて血糖値まで高くなってきて、糖尿病の薬を処方されるようになってしまいました。医師からは、糖質を多く含む炭水化物の量を減らすこと。そして、咀嚼の回数を増やしてゆっくり食べることの2つを徹底するように言われました。これは、糖の吸収を緩やかにして、急激な血糖値の上昇を防ぐのが目的です。

この方法を2か月間やった上で、再検査をして、それでも血糖値が高い時は、糖尿病の治療を行う予定です。すると妻が心配して主食で食べていた白米を大麦に変えてくれました。白米は消化吸収が早いのですが、大麦は消化吸収が遅く血糖値の上昇が緩やかになるそうです。おかげで血液検査では、血糖値が正常範囲に収まりました。妻に感謝です。(沖縄県55歳の男性)