コレステロールも高血圧の原因の一つと言われていますが、日頃からコレステロール値を下げる食べ物やコレステロールを上げる食べ物など食品の選び方が大切です。

ところで何故、コレステロールを含む食品が血圧を上げる原因になるのでしょうか?コレステロールの正しい知識とコレステロールが血圧に与える影響、さらにはコレステロールの吸収を抑制する食品や食べ物についてご紹介します。

コレステロールとは?

コレステロールは人間が生きていく上で必要な脂質の一つです。主に細胞膜・ホルモン・胆汁酸を作る材料となる栄養素なのですが、健康診断で指摘される項目など悪いイメージがあるようです。1日に必要なコレステロールの量は、1500mgから2000mgですが、約70%が体内の肝臓で合成されています。不足分は食物など食べ物から摂取していますが、過剰摂取するとコレステロール値が高くなります。

コレステロールの働きについて

コレステロールには、悪玉(LDL)と善玉(HDL)の2種類が存在し、それぞれ別の働きをしています。LDLコレステロールは、血液と一緒になって血管を通り全身の細胞に届けられます。この時に供給する量が多いと血管の内側に付着して動脈硬化を起こす原因となるので悪玉コレステロールと言われています。HDLコレステロールは、余ったLDLコレステロールや細胞の新陳代謝により排出される老廃物などを回収して運び出す働きをしています。そのために善玉コレステロールと言われています。血液検査では、総コレステロール値、LDL値、HDL値の3つをチェックします。どれも基準値がありますがバランスの取れた状態を維持することが大切です。

コレステロールの基準値について

日本動脈硬化学会のガイドブックで掲載されているコレステロール値は、総コレステロール値【240mg/dl以上】悪玉(LDL)コレステロール値【140mg/dl以上】善玉(HDL)コレステロール値【40mg/dl未満】が正常値とされています。 逆に基準値外の場合は、なんらかの治療が必要と言われていますが、あまり深刻に考えなくても大丈夫です。コレステロール値は、空腹採血時に測定しますが、日常の食生活に影響を受けやすく変動しやすいものです。つまり食生活を数日から1週間程度変えただけでも数値を改善できる可能性があるからです。

コレステロールが高い原因

コレステロール値は、低く過ぎても高過ぎても問題になりますが、どちらかというとLDL(悪玉)コレステロール値の高さが問題になっています。何故コレステロール値が上がってしまうのでしょうか?先ほども説明したように体内で作られる割合が7割、他の3割は食べ物から摂取しています。まず考えられるのは、コレステロールを多く含む食品を過剰摂取です。さらに皮下脂肪や内臓脂肪に蓄積している中性脂肪の関連性もあります。アルコールや高カロリー食は、中性脂肪を体内で合成し、インスリンの働きが低下することで、善玉コレステロール減り、悪玉コレステロールが増えるといわれています。

コレステロールを下げる方法について

コレステロールを下げる食品やサプリメントを活用してコレステロールを下げることを考えがちですが、最も効果が期待できる方法は、元を断つ方法です。つまりコレステロールを多く含む食材を控えることから始めます。牛、豚肉などの動物性脂肪にLDLコレステロールが多く含まれていますので、イワシやマグロなど青魚に含まれるオメガ3脂肪酸を多く摂るようにすると悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やします。また鶏卵、魚卵、そして、それらを使った加工品にも悪玉(LDL)コレステロールがたくさん含まれていますので、それらの食品を控えるだけでコレステロールを減らします。その他に食べ過ぎ、肥満解消、ストレス解消、アルコールを控える、タバコを控えるなど生活習慣の改善も必要となります。

コレステロールの吸収を抑制する食品

腸の中でコレステロールが吸収されるのを抑える働きがあると言われているのが、昆布、ひじき、ワカメ、もずくなどの海藻類です。また悪玉コレステロールを分解する酵素を多く含むのがキャベツやブロッコリーです。大豆に含まれるサポニンも悪玉コレステロールを分解すると言われています。その他に食物繊維もコレステロールの吸収を抑制してくれるので、これらの食品をバランスよく食事に取り入れることで、コレステロール値の上昇を防ぐことができます。




スポンサーリンク