中性脂肪も高血圧の原因の一つと言われていますが、日頃から中性脂肪値を下げる食べ物や中性脂肪を上げる食べ物など食品の選び方が大切です。

ところで何故、中性脂肪が血圧を上げる原因になるのでしょうか?中性脂肪の正しい知識と中性脂肪が血圧に与える影響、さらには中性脂肪の吸収を抑制する食品や食べ物についてご紹介します。

中性脂肪とは?

中性脂肪は、体を動かすためのエネルギーとして使われる脂質のことです。健康診断では「TG」トリグリセライドと表記されています。中性脂肪の数値が高いと医者から生活習慣の改善など指導を受けるために悪いイメージを持っている人が多いようですが、人間が活動するエネルギー源なので必要不可欠な役割をもっています。

中性脂肪の役割について

食事によって摂取した脂質は、腸で吸収されて血液で全身の細胞に運ばれて、活動するためのエネルギーとして使われます。使われずに余った中性脂肪は、皮下脂肪や内臓脂肪となって貯蓄用エネルギーとして保存されます。活動するエネルギーが不足すると貯蓄された中性脂肪がエネルギーとして使われるというのが主な役割です。また内臓を守ったり体温を一定に保つ働きもしています。

中性脂肪が高くなる原因について

中性脂肪は体に必要不可欠な必須脂肪酸ですが、摂り過ぎると肥満やメタボの原因となります。中性脂肪が高くなる主な原因は、摂り過ぎですが、その他に動物性の脂質を食べると高くなりますので、イワシやアジなど青魚に含まれているDHAやEPAを摂取することをお勧めします。またアルコールや炭水化物を多く摂取すると肝臓で中性脂肪を合成するので数値がたかくなります。

中性脂肪と高血圧の関係について

高血圧や糖尿病など生活習慣病の方は、中性脂肪が高い傾向にあります。血液中の中性脂肪が高く肥満傾向になるだけでなく血液は、ドロドロになり流れにくくなります。さらに血管の内壁に付着し動脈硬化を悪化させるので、血管が細くなったり詰まったりするので、血液の循環が悪くなります。内臓脂肪や皮下脂肪が血管を圧迫して更に血液の循環が悪くなります。このように血流が悪くなると、細胞に酸素や栄養素が充分に届かなくなるため心臓の圧力を高めるので高血圧になりやすくなります。

中性脂肪値を下げるには?

中性脂肪を下げるには、脂肪の摂取量を適量にしながら、動物性の脂肪よりオメガ3脂肪酸を摂取するような食生に切り替えることです。数値が基準値を超えている場合には、中性脂肪を下げる薬もありますが、長く継続するものなので、基本は食生活の改善となります。また肝臓で生成する中性脂肪を増やさないためにアルコールは控えます。1ヶ月禁酒しただけで中性脂肪が下がる人もいるくらいです、食生活を改善したら、有酸素運動を取り入れて体内に蓄積した脂肪を燃焼させます。食事療法と運動療法でをすれば、中性脂肪は下がります。

中性脂肪値とコレステロールの違いとは?

中性脂肪もコレステロールどちらも体内に無くてはならない大切な脂肪です。しかし働きは全く違います。今まで説明したように中性脂肪は、活動に必要なエネルギーとして使われますが、コレステロールは、細胞膜・ホルモン・胆汁酸を作る材料になる脂質です。善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、どちらも重要な役割を担っていますが、悪玉コレステロールは血管に付着し動脈硬化の原因になるので数値が高いとコレステロールを下げるように指導されます。




スポンサーリンク