血圧を下げる食べ物とは、塩分を排出するカリウムや血糖値をゆっくり上昇させる食物繊維を多く含む食品です。さらに血液をサラサラにするEPAやDHA、α-リノレン酸などオメガ3系脂肪酸も血圧を下げる食品です。また、かつお節オリゴペプチド、いわしペプチドや胡麻(ごま)ペプチドなどの成分は、血圧を下げる作用が認められる特定保健用食品に使われている成分です。これらの成分を含んだ食品も血圧を下げる食べ物として注目されています。

これから血圧を下げる食べ物を摂取したい方のために当サイトでは、ランキング形式にまとめて紹介したいと思います。




スポンサーリンク

小豆島オリーブオイル
小豆島の役場の調査データーによると、オリーブオイル使用した65歳以上の高血圧71人中49人がわずか1年で血圧が改善傾向になったと結果がでているそうです。

がごめ昆布
ガゴメ昆布は、料理と混ぜて食べたり、麺類や味噌汁に入れて食べる方法が一般的ですが、血圧を下げる食べ方に必要な条件は、食事の一番最初に食べるというものです。

サーデンペプチド
サーデンペプチドは血圧をケアする成分として特定保健用食品に使われている成分です。サーデンペプチドはイワシに多く含まれている成分で血圧の数値が気になっている方におすすめの成分です。

簡単減塩スペシャル
ためしてガッテン高血圧を撃退!簡単減塩スペシャル!塩を減らさないメリハリ減塩法と塩を使わない『ゼロ塩レシピ』を紹介。塩を減らさない減塩法とは?

ナットウキナーゼ
日本の文化が生み出した発酵食品【納豆】のネバネバに含まれる成分がナットウキナーゼです。ナットウキナーゼは、血栓を溶かす作用が認められ世界中で注目を浴び、研究が進められています。

金芽ロウカット玄米
高血圧を治療するために食事療法を続けていますが、2年前より主食に玄米を取り入れています。玄米には、健康を整えるために欠かせない栄養成分が豊富に含まれています。

カリウムを含む食べ物
野菜や果物嫌いの方はカリウム不足の可能性がああります。カリウムの1日の摂取目安量は男性で2,500mg、女性で2,000mgぐらいと言われています。

タウリンを含む食べ物
タウリンは、交感神経の働きを抑制してくれます。タウリンの働きによって、腎臓機能を正常な状態に維持し、血圧が上がるのを抑制することができるため、高血圧を予防することができます。

必須脂肪酸を含む食品
必須脂肪酸と高血圧は意外と密接な関係があるのをご存知でしょうか?人間が生きてゆくために必要な栄養素が脂肪酸です。脂肪酸は体の中で、細胞膜を作ったり、ホルモンの材料になったりと大切な働きをしているのですが、高血圧患者の多くの方が、必須脂肪酸の1日の摂取量が足りない状態です。

最新クチコミ情報

白米から大麦に主食を変えたら血糖値が下がった!

高血圧に加えて血糖値まで高くなってきて、糖尿病の薬を処方されるようになってしまいました。医師からは、糖質を多く含む炭水化物の量を減らすこと。そして、咀嚼の回数を増やしてゆっくり食べることの2つを徹底するように言われました。これは、糖の吸収を緩やかにして、急激な血糖値の上昇を防ぐのが目的です。

この方法を2か月間やった上で、再検査をして、それでも血糖値が高い時は、糖尿病の治療を行う予定です。すると妻が心配して主食で食べていた白米を大麦に変えてくれました。白米は消化吸収が早いのですが、大麦は消化吸収が遅く血糖値の上昇が緩やかになるそうです。おかげで血液検査では、血糖値が正常範囲に収まりました。妻に感謝です。(沖縄県55歳の男性)