運動で血圧が下がる仕組みについて

血圧を下げる運動とは、一般的にウォーキングや軽いジョギングなど有酸素運動が挙げられます。その他にも血圧を下げるストレッチや第二の心臓と言われる「ふくらはぎ」のマッサージや筋力トレーニングも血圧を下げる運動と言われています。

運動で血圧を下げるには、どうして運動で血圧が下がるのか仕組みを知ることが大切です。高血圧の治療に欠かせない運動療法の具体的なやり方を説明する前に、運動療法による血圧への作用について紹介したいと思います。

運動療法の目的とは

血圧を下げるには、運動療法は欠かせません。しかし運動を行ってもすぐに血圧が下がる訳ではありません。その理由として挙げられるのが、運動が直接、血圧を下げるのではなく、運動を続けると血圧を高くしている原因を体内から取り除くことができるので、結果として血圧が下がるという考え方が正しいようです。




スポンサーリンク


肥満やメタボが血管を圧迫する

血圧を下げる運動の基本は、有酸素運動の継続です。酸素を取り入れながら体を動かすと体内に蓄積した余分な脂肪や糖質をエネルギーとして燃焼することができます。内臓脂肪や皮下脂肪が多いと血管を圧迫するので血液の流れが悪くなり血圧が上がると言われています。

動脈硬化を改善し血液循環を改善する

また有酸素運動は、血液中の中性脂肪やコレステロールを減らし動脈硬化を防ぐことができます。動脈硬化は血管を細く硬くするので柔軟性を失い血液の流れを悪くして血圧を上げてしまいます。有酸素運動で動脈硬化を改善すれば血圧を下げるという訳です。

心肺機能を高めて血圧を下げる

普段から体を動かす機会が少ない人や運動不足の人は、心肺機能も低下し、筋肉量が減少し新陳代謝も悪くなるため、体内の機能が正常に働かなくなります。有酸素運動で最も注目されているのが、長野県民が実施しているインターバル速歩です。3ヶ月から4ヶ月で血圧値や血糖値が下がったというデータも多数報告されていますが、その秘密は、心肺機能や代謝機能がアップしたことが影響しているようです。

運動で血圧を下げる方法とは

このように血圧を下げるためには、運動不足の解消が欠かせません。逆に言えば、若い頃のように活発に体を動かしている時は、血圧は正常だった訳ですから、血圧を下げるためには活発に体を動かせば良いということになります。それでは具体的に血圧を下げる運動の種類や方法について解説します。以下のメニューから詳しい情報をご確認ください。