血圧を下げる運動とは、一般的にウォーキングや軽いジョギングなど有酸素運動が挙げられます。その他にも血圧を下げるストレッチや第二の心臓と言われる「ふくらはぎ」のマッサージや筋力トレーニングも血圧を下げる運動と言われています。このコーナーでは、高血圧の治療に欠かせない運動療法について具体的なやり方から効果的な運動の種類など判りやすく解説いたします。

運動で血圧は下がるのでしょうか

高血圧の治療には、生活習慣を改善すること言われていますが、食事慮法と運動療法は欠かせません。しかし食事を改善しても、運動を行ってもすぐに血圧が下がったという話を聞いたことがありません。その理由として挙げられるのが、運動が直接、血圧を下げるのではなく、運動を続けることで、血圧を高くしている原因を体内から取り除くことができるので、結果として血圧が下がるという考え方が正しいようです。

直接、血圧を下げる運動もある

血圧を直接下げる運動は無いのかというとそうではありません。血圧が高くなる原因の一つに関節や筋肉の柔軟性が失われ、血管を圧迫して血流を悪くしているケースがあります。この時に有効なのが高血圧に効くツボです。このツボを刺激すると一時的に血流が改善され血圧が下がることは証明されています。しかし、常にツボを押し続けるわけにも行きませんので、これをストレッチ化した運動があります。ストレッチ運動を毎日続けることで、血管の圧迫を根本的に改善し血圧を下げるという方法です。

高血圧ストレッチのやり方

今、ご紹介したように体の固い方は高血圧ストレッチが有効ですが、血圧を下げる運動の基本は、有酸素運動です。酸素を取り入れながら体を動かすことで、体内に蓄積した余分な脂肪や糖質をエネルギーとして燃焼することで、動脈硬化を防ぐことができます。また心肺機能が高まり新陳代謝も活性化することで、体全体が健康体に戻ってゆくので血圧が高くなる原因がなくなってきます。有酸素運動で最も注目されているのが、長野県民が実施しているインターバル速歩です。3ヶ月から4ヶ月で血圧値や血糖値が下がったというデータも多数報告されています。




スポンサーリンク